単身赴任で転勤が決まったら引っ越しを考えよう

選ぶ要素は様々です

荷物

引っ越し費用は非常に大きな要素のひとつです。自分でどのくらいの予算で行うのかをしっかりと検討しておくことが大切です。予算が決まることで業者選びが出来ます。実際に選ぶ場合にはインターネットなどの評判を参考にすることも有効です。一括で見積もりサイトを利用して見積もりをとれば付帯業務などの確認も出来ます。

More...

各会社の特徴を知る

積み木のトラック

引越し業者を利用する人はたいへん多くなっており、業者の数もたくさんあります。見積もりを行うだけでもお得なグッズをもらえたりなど良いこともありますので、引越しの際には利用しやすい会社を特定するために複数の会社に見積もりをしてもらうのが一般的です。

More...

転勤で引っ越しするなら

ダンボール

コンテナボックス

会社から転勤などを命じられて単身赴任が決まったら、まず引っ越しを考えなければなりません。引っ越し先は単身赴任者向けの寮やアパートと考えられます。荷物が多く入る部屋ではないでしょうから、持っていく荷物はなるべく少なくするのが良いでしょう。単身赴任先に電化製品などが揃っている場合もあるので良く調べて、送る荷物を検討するのがお勧めです。荷物が多いと引っ越しの費用も高くなりますからなるべく荷物を少なくするのが良いです。引っ越し会社では単身パックなどという名前の一人用のコンテナボックスなどを用意していますからそこに入るだけの荷物を入れます。会社によって大きさはまちまちですが高さが1.7メートル縦横共に1メートル位のサイズが平均です。

少しでも安くするために

単身赴任の引っ越しにはコンテナボックスが安くてお勧めですが、想定で荷物が入りきらない場合や荷物が少なすぎるような場合にはどうしたら良いでしょうか。余った荷物が少ないのならコンテナボックスを2つ分使うよりは宅急便で送るほうが安い事もあるので検討してみて下さい。また、荷物が少なくてボックスに余裕が出そうな場合には小さいサイズのボックスにすると良いでしょう。荷物はなるべくきっちり積んで安くするのがお勧めです。単身パックは会社によって割引などが使えることがあるので是非利用して下さい。インターネット割引はインターネットで申し込むだけで数千円安くなりますから、電話などで申し込まないようにします。コンテナ一つなら距離が20キロ以内など近い場合には15000円程度の料金で引っ越しが可能です。

少しでも安くするために

男女

引っ越し費用を安く抑えるためには、インターネット上で業者の比較をしながら見積もりをすることが大切です。業者を選ぶ際のチェックポイントとしては、荷物の保障内容や指定した日時に届くのかといったことが挙げられます。

More...